歯周病治療の大切さについて

バナー

歯周病治療の大切さについて

歯周病は成人男女の8割以上がかかっていると言われています。

自覚症状なく進行している場合もありますので、定期的に歯科医院で検診を受けることが大切です。

歯周病とは歯茎の中に細菌がたまり炎症を起こしている状態です。歯についた歯石は肉眼で見ることができますが、歯茎の縁下歯石は見えないですがどんどんと進行していきます。歯周病が進行してしまいますと歯の根っこが支えることができなくなり歯がぐらぐらしてきます。


最終的に歯を抜かなければならなくなってしまいます。

そこまで進行しないためにも早期に歯周病治療をすることをおすすめします。歯科医院ではまず歯茎の深さを測る検査をします。レントゲンをとって歯と歯を支えている歯槽骨や歯周ポケットの状態を確認します。

その後歯科衛生士が歯石を除去します。

Infoseek ニュースに関する詳細はこちらです。

自宅で行えるように歯磨きの方法も教えてもらいます。

勘違いしている人もいますが、歯周病治療は自宅ではできません。

幅広い分野の視点から歯周病治療の有益な情報のご紹介です。

きちんと歯科医院に通い治療を受けなくてはなりません。
虫歯ではないのにと軽く考えがちですが、歯を失う原因の一位が歯周病というくらい怖い病気なのです。

治療してその後のメインテナンスを怠らなければずっときれいな状態を保つことができます。



一番怖いのが歯が痛くないので歯医者に行かず歯周病にかかっている自覚もなく症状が進行してしまうことです。


歯周病治療をしっかりと行い自分の歯でいつまでも食事ができるように歯を大切にしていきましょう。

Copyright (C) 2015 歯周病治療の大切さについて All Rights Reserved.