歯周病治療はどのように行われるのか

バナー

歯周病治療はどのように行われるのか

歯周病は、歯茎や歯が最近に感染してしまうことで起こる感染症です。

最初は膿が出ることから始まり、最悪の場合には歯を失う恐れがあります。

そのようなことにならぬためにも、歯周病治療は大切です。
歯周病治療の流れを見ていくと、最初は歯と歯茎の状態を確認します。



目で見てわからない部分は、レントゲン写真の撮影をして確認します。
そこから、歯磨きの指導や歯石、歯についた汚れなどを取り除き、状態が改善するかを経過観察していきます。

初診から1ヶ月ほどして、状態が改善しなければ、次の治療へと進みます。

このサイトでInfoseek ニュースの有益な情報をお届けします。

進行の度合いによって、処置も異なってきますが、歯周病になっている部分を削ったり、切り取ったりしていくのです。


切り取った場合には、傷口が露出してしまいますが、そこに歯周パックと呼ばれる粘土のようなものつけて保護します。場合によっては、歯周パックをつけるまえに傷口を糸で縫い合わせることもあります。


その際、痛み止め、抗生物質も投与されるので、激しい痛みに苦しんだり、細菌に感染することは避けることが出来ます。

歯周病治療に関するマニアックな情報をお届けします。

歯周パックはおよそ1週間もすれば取り除くことが出来ます。

そうして、歯周病治療が行われた結果、どの程度状態が改善されたのかを見ていきます。

無事歯周病治療の結果が良ければ、一定期間ごとに検診を行います。もしも、改善が見られない場合には、さらに別の治療法を検討することになります。

軽度であれば、歯磨き程度でなんとかなりますが、重度となれば手術も必要となってきます。

日々の生活で、汚れをしっかりと落とす歯磨きを心がけることが重要です。


Copyright (C) 2015 歯周病治療はどのように行われるのか All Rights Reserved.