歯周病治療は定期的に行うことが大切です

バナー

歯周病治療は定期的に行うことが大切です

歯周病治療は歯の健康を保つためには大切なことです。歯周病は日本人の多くがかかっている病気ですが、痛みが出てこないと歯医者に行かないという人も多いです。

歯医者に行くことに抵抗がある人や、仕事やプライベートが忙しくて行く時間がなかったり、面倒に感じる人がいるからです。



歯周病は歯茎の状態を悪くすることや、悪化してくると歯茎が下がってきたり、歯の根元の骨も歯周病菌が溶かしてしまいます。

そうなってしまうといずれ歯が抜けてしまうので、そうなる前に歯周病治療をしましょう。

定期的に歯科に行くことが大切で、歯の痛みを感じなくても検診を受けましょう。

歯が痛くなくても歯垢や歯石が溜まっていたり、それが原因で気がつかないで歯茎が腫れていたりします。
3ヶ月に一回程度定期的に通うことで健康的な歯を保つことができます。


そのときに歯磨きの方法も学んでおくことが大切です。

歯磨きが上手くできてないと歯や歯茎が削れてしまったり、上手く磨けてない場所が出てきます。



歯周病治療は歯医者に行くことと毎日の歯磨きを丁寧に行うことで上手くいきます。

歯磨きが上手くできているかは歯科衛生士に聞いてみて、鏡を見ながらチェックしてみましょう。

歯ブラシだけではなく、歯と歯の間を綺麗にするフロスなどを使うと、歯ブラシで綺麗にできなかったところも綺麗になります。



これらのことをしておくといつまでも健康な歯でいられて、痛みも発生することもありません。

Copyright (C) 2015 歯周病治療は定期的に行うことが大切です All Rights Reserved.